中小規模病院向け 電子カルテシステム ウェブカルテ 医療・介護向け電子カルテ

ウェブカルテ らくらく操作でスムーズな情報共有を実現
使いやすく、繋げやすく、運用しやすい電子カルテ
地域医療の普及が進んできた現在、質の高い医療・介護を提供するために医療機関や施設に属する
多職種間での情報共有がより重要となっています。

電子カルテシステムのご利用を医療機関のみで完結させるのではなく、介護施設や他医療機関の診療・
介護の情報を電子カルテを中心に集約することにより、複数施設での情報共有化の実現を支援します。

電子カルテシステム「ウェブカルテ®」3つの特徴

使いやすい
過去のカルテ記事を参照しながら入力できる画面は、初めての方でも操作しやすいのが特徴です。Do機能で入力済みデータを複写しながら新規の診療データを入力でき、カルテ作成がスピーディになります。また、インターネット用のブラウザで操作するので、パソコンが苦手な方でも簡単にインターネット感覚で使えて安心です。
繋げやすい
各部門向けの標準インターフェイスを備えており、柔軟に接続を行うマルチベンダー方式を採用しています。特に連携が密になる医事システムは、富士通HOPE・ナイスMLA・ORCAとの接続が可能です。また同一法人内での介護システムとの連携を実現します。
運用しやすい
バックアップサーバを標準構成としており、障害発生時も診療業務を継続できます。医事システムからの医薬品マスタ取込み機能、訪問診療時の院外からのインターネット接続利用など、高いメンテナンス性・可用性を追求しています。

電子カルテシステム「ウェブカルテ®」導入のメリット

業務効率化
カルテの内容を院内のすべてのスタッフが同時に参照することができ、カルテの部門間の搬送作業やアリバイ管理が不要になります。また、パソコンを立ち上げれば、いつでも欲しい情報を参照でき、膨大な紙カルテを管理する手間も削減できます。

診療情報提供書などの書類作成時も、電子カルテの入力データを取り込むことで、効率的に作成することができます。
患者サービス向上
事務作業の効率化などにより、院内での患者様の待ち時間短縮が実現でき、患者サービスの向上にも寄与します。さらに再来受付機、会計表示板などを導入することで、患者様の流れをよりスムーズにできます。
また、診断結果を説明する際に、検査データを時系列に並べたり、わかりやすくグラフにして提示すれば、患者様の病状等の理解を深めることに役立ちます。
ランニングコスト低減
お使いのサーバ機器のハードウェア老朽化に伴う機器更新時にも、ウェブカルテのソフトウェアは買い換えなしで、そのままお使いいただけます。長くお使いいただくお客様にとっては、コストを大幅に抑えられるのが魅力です。
WindowsOSがあれば導入可能で、専用ソフトも不要ですから、クライアントを自由に追加でき、端末の配置なども柔軟に行うことが可能です。