クラウド型電子カルテ HOPE Cloud Chart II 医療・介護向け電子カルテ病院

時代は、システム導入から、サービス利用へ。
長年培ってきたノウハウや運用の標準化を進めてきた富士通だからこそできる
クラウド型電子カルテシステムHOPE Cloud Chart II。
・万全な災害対策、セキュリティ対策が施された富士通のデータセンターを利用することにより安心してお使いいただけるクラウド型電子カルテシステムです。
・診療情報のさらなる共有を推進し、地域を一体となった医療を実現するための基板となる院内ICT化を強力にサポートします。
①導入・運用負担の軽減
・トータルコストの低減
・診療報酬改定時の負担軽減
・保守負担の軽減
②安心・安全な環境の提供
・高セキュリティネットワークを使用
・サポートデスクによるサポート対応
・永続的なデータ保存、災害対策
③多様なニーズに応える高機能
・さまざまな拡張機能を利用可能
・地域医療連携システムとスムーズに連携
・広く利用されているシステムをベースに開発